ごあいさつ

お知らせ

2022-11-15 09:39:00

修羅と浄土 〜奥州藤原氏の栄華と英雄義経の物語〜」

語り×雅楽×薩摩琵琶による
修羅と浄土 〜奥州藤原氏の栄華と英雄義経の物語〜」

奥州全土の永遠の平和を願い、戦いで散った全てのいのちを極楽浄土へ導くために—。
長く戦の絶えない東北に、平和と往生を願い建てられた都「奥州平泉」。
戦乱の世に奥州藤原氏はこの地で独立を保とうとするが、願いむなしく時勢に巻き込まれてゆく。
そこに交わる一人の武将、源義経。
人間の業と、浄土への祈りが交差する奥州の情景を、語りと雅楽、薩摩琵琶が紡ぎだす。

■公演日1:2022年10月29日(土)
奥州文市化会館 Zホール 2F和室 13時開演(12:30開場)
住所:岩手県奥州市水沢佐倉河字石橋41番地
URL:http://www.oshu-bunka.or.jp
■公演日2:2022年10月30日(日)
大梅拈華山 圓通 正法寺 14時開演(13:30開場)
住所:〒023-0101 岩手県奥州市水沢黒石町字正法寺129
URL:https://shoboji.net/

■料金
・チケット:前売/当日 3,500円    

■チケット販売開始 
2022年9月7日  
・遊絃楽舎Online  (WEB) https://yugengakusha.stores.jp/
2022年9月10日
・プレイガイド 奥州市文化会館(Zホール) https://www.oshu-bunka.or.jp

■主要キャスト:岩佐鶴丈、坪井美香、川嶋信子、千山ユキ、佐藤愛美、音無史哉  
■主催:遊絃楽舎(ゆうげんがくしゃ)

2022-08-04 23:14:00

野村幻雪追悼公演-01.png

野村幻雪公演チラシ-01.png

 

野村幻雪(四郎改)追悼公演
 ―伝統の継承と創造的革新のために

◎演目: 『祇園精舎』
石牟礼道子詩『花を奉る』
地歌舞『善知鳥』
山百合忌 語りと舞 『いのちのみなもとへ』
琵琶秘曲「啄木」「楊真操」の復曲演奏
新作能舞『三酔人夢中酔吟』より 謡と舞
映像と声(スクリーンに映写) 野村幻雪(四郎改)の風姿
新作能舞-装束付 『空と海と光―空海の能』

◎出演:野村幻雪(声の出演)
観世銕之丞 梅若桜雪 櫻間金記 山崎正道 長山桂三
川口晃平 松田弘之 大倉源次郎 大倉慶之助
小寺真佐人 山村楽千代 なかええみ 金子あい 坪井美香
笠井賢一 岩佐鶴丈 佐藤岳晶 設楽瞬山

 

日時:
2022年8月18日(木)18:00開演(40分前開場)

会場:
国立能楽堂
  Googleマップ
東京都渋谷区千駄ヶ谷4-18-1

交通
・JR「千駄ヶ谷駅」 徒歩5分
・大江戸線「国立競技場駅」A4出口 徒歩5分
・副都心線「北参道駅」出口1 徒歩7分
※駐車場はございません。
電話 03-3423-1331
入場料:
A席 8,000円/B席 7,000円/C席 6,000円(税込)販売中
会場内:
検温、消毒、マスク着用ほか感染防止対策へのご協力をお願い致します。

アトリエ花習 090-9676-3798
FAX  044-989-0133
Eメール mail@atelierkashu.com
制作:アトリエ花習


2022-08-04 22:40:00

2022怪談omote_遊絃楽舎.png

2022怪談_遊絃楽舎.png

 

 

 

 

会場となるのは、八戸弁財天をまつり、商売繁盛、漁業安全の守り神として古くから地元の人々の信仰を集めてきた、青森県八戸市の「蕪嶋神社」御本殿。新社殿落成記念を祝して、雅楽の演奏もございます。
■内容
小泉八雲の怪談を題材に、日本古来の「語り物」という芸能を現代の人々にもわかりやすく、より面白く体験していただく事を趣旨とした演奏会。語り+薩摩琵琶+笙という、それぞれ異なる性質の表現方法を交えて90分強の上演内容を構成。
薩摩琵琶演奏家 岩佐鶴丈による「耳切れ芳一」の弾き語り、雅楽演奏家 音無史哉による笙の 独奏「盤渉調調調子」、そして語り部に平山ヤエを迎え、「鈴の墓」「むじな」という小泉八雲の物語を、琵琶と笙 の音と共に臨場感たっぷりに演出。
詞とその心を伝える技として今に受け継がれる 「語り」の面白さ、生身の人間が発する言葉の力強さ、千変万化の楽器の音色など、様々な切り口から古典邦楽へ親しんでいただける演奏会です。
2021年には[第76回文化庁芸術祭参加公演]として本所松坂亭劇場(東京都/両国)で2回公演、満員御礼の好評につき追加公演を日蓮宗延命院(東京都/日暮里)で開催。
■開催日:2022年8月28日(日)
■公演時間:14時開演(13時半開場)
■会場 蕪嶋神社
青森県八戸市大字鮫町字鮫56
TEL: 0178-34-2730
■演目:
・雅楽 (蕪嶋神社新社殿落成記念演目) 「壱越調調子」「賀殿急」
・薩摩琵琶弾語り「耳切れ芳一」
・笙独奏「盤色調調子」
・薩摩琵琶×語り×笙
「鈴の墓~破られた約束~」「むじな」
■総演奏時間:1時間30分、休憩15分、合計1時間45分を予定。
■チケット価格 :前売/当日3,500円 (税込)
■チケット発売  7/28(木)より
■チケット購入 
⓵遊絃楽舎HP:https://yugengakusha.stores.jp/ 
⓶蕪嶋神社様:TEL: 0178-34-2730 
MAIL: info@kabushimajinja.com ※現金前払い
■主催 遊絃楽舎 
■協力 株式会社EYES
■問い合わせ 遊絃楽舎事務局 
MAIL: yugengakusha@gmail.com
■キャストプロフィール
岩佐鶴丈(鶴田流薩摩琵琶)
薩摩琵琶鶴田流を鶴田錦史、楽琵琶を宮内庁式部職学部の山田清彦に師事。 97年「日本琵琶楽コンクール」1位入賞、文部大臣奨励賞、日本放送協会会長賞受賞 。古典演奏を中心に、芝居、映画など幅広く演奏活動を行う。
平山ヤエ(語り部/こうのす観光大使)
古今に渡る作品の朗読や語りを行う。語り部出演したラジオドラマが日本民間放送エンターティ メント部門出品作品となる。令和2年度文化庁芸術祭にて平野啓子氏と共に二人語りとして参加公演。
音無史哉(笙・雅楽奏者)
大学でのコンピュータ音楽研究時に雅楽と出会い、後に笙を手に取る。雅楽全般を豊英秋氏に師事。Tim Heckerワールドツアー、蓮沼執太フィル、yama、東儀秀樹コンサートなど参加多数。「花舞鳥歌風遊月響雅楽団」共同主宰。
佐藤愛美(龍笛・雅楽奏者)
神社でスカウトされ雅楽をはじめる。横笛を笹本武志氏、故芝祐靖氏に、楽琵琶を山田文彦氏に、古代歌謡を豊英秋氏に師事。「花舞鳥歌風遊月響雅楽団」共同主宰。「遊絃楽舎」共同主催。
■ 主催
「遊絃楽舎(ゆうげんがくしゃ)」について
薩摩琵琶奏者 千山ユキと、雅楽奏者の佐藤愛美が、薩摩琵琶演奏家の岩佐鶴丈と共に2021年に結成した「遊絃楽舎」。
「薩摩琵琶」と「雅楽」という日本伝統芸能同士でありながら、これまで交わることのなかった二つの芸能を、「琵琶」を通しそれぞれの本質を最大限に活かしながら、新しい古典芸能の舞台を創出することを目的とし、2021年に結成。
同年の東京公演も満員御礼で好評を博し、2022年から全国公演を開始。

2022-05-18 20:41:00
薩摩琵琶×雅楽×語りによる「平家物語」
九州_平家物語チラシ.png
開催日:2022 年7月15日(金) 18時30分開演
会場名:iichiko 総合文化センター「iichiko 音の泉ホール」
チケット価格:3,500 円(税込)全席自由
m
m

■ 内容・見どころ

平家物語《本来の情景》に迫る公演

テレビアニメや NHK ドラマ「鎌倉殿の 13 人」により、いま注目が集まる日本の古典「平家物語」。 そのなかの三人の武将 ̶ 平清経、平経正、平重衡は、公家の文化であった雅を愛し、雅楽に通じながら武将 として儚く散っていった。。彼らが奏でた笛や琵琶、箏の音色とはどのようなものであったか。どんな歌を詠っ ていたか。無常を語る薩摩琵琶と、みやびやかな雅楽。これまで交わることのなかった二つの古典芸能の共演 によって、平家物語本来の情景《雅× 諸行無常》を呼び起こす。 

m

 

九州_平家物語チラシ.png
チラシダウンロードはこちらから↓↓↓

pdf 九州_平家物語チラシ.pdf (3.17MB)

mm

m

 

開催日:2022 年7月15日(金)

開演18時30分(17時30分開場) 公演時間:約 2 時間

会場名:iichiko 総合文化センター「iichiko 音の泉ホール」
〒870-0029 大分県大分市高砂町 2-2-33 /電話:097-533-4000(代表)

チケット価格:3,500 円(税込)全席自由


チケット発売:2022 年 5月23日(月)より


チケット購入:・遊絃楽舎 事務局:yugengakusha@gmail.com

・トキハ会館 3 階プレイガイド:TEL 097-538-3111 (10 時 -19 時)

・エトウ南海堂:TEL 097-529-7490 (10 時 -19 時 / 日曜 18 時半まで)

m

m

m

 

 

■ 主催「遊絃楽舎(ゆうげんがくしゃ)」について

薩摩琵琶奏者 千山ユキと、雅楽の琵琶奏者 佐藤愛美が 2021 年に結成した「遊絃楽舎」。 「薩摩琵琶」と「雅楽」。日本伝統芸能同士でありながら、これまで交わることのなかった二つの芸能を、「琵琶」を通しそれぞれの本質を損なうことなく最大限活かしながら、古くもまったく新しい舞台を創出することを目 的とし、2021 年に結成。同年の東京公演も満員御礼で好評を博し、2022 年から全国公演を開始する。 ゲストには、笛の名手として雅楽界第一線で活躍する若手奏者 〆野護元氏、芸歴40年で多くの弟子を育てる鶴田流薩摩琵琶奏者 岩佐鶴丈氏、ジャンルを超えて世界を飛び回る笙・雅楽奏者 音無史哉氏、蜷川スタジオ所 属後、観世栄夫演出作品等に数多く出演し活躍する坪井美香氏といった、屈指の実力派奏者を迎える。 

 


2022-04-05 20:33:00

びわづくし入稿_表-01.png

 

 

びわづくしチラシ_裏-01.png

 

 

「琵琶寄席」びわづくし 

 

◎日時 2022年5月28日(土)16時開演

◎会場 港区伝統文化交流館 〒105-0023 港区芝浦1-11-15

 

◎予約、お問い合わせ

 biwahitohira.2021@gmail.com

   09059969137 (12時~18)

 

◎料金 3000(当日 3500) 

    ※高校生以下  1000円 

    ※港区民割引2000円(ご来場時住所が確認できるものをお持ちください)

 

 定員 50名 (先着順)

 

◎主催 琵琶ひとひら会

 後援 石田琵琶店

    

           


1 2 3 4 5 6 7